趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。


映画評論・レビューランキング

ファースト・マン(2018年/アメリカ) バレあり感想 アームストロング船長に対する印象が大きく変わる映画。

 

英雄を演じるのも大変なんでしょうね。

 

 

ファースト・マン

(First Man)

ファースト・マン (字幕版)

ファースト・マン (字幕版)

予告:https://youtu.be/nFhzZKvaPXs

 

以下、ネタバレを含む感想記事です。

 

 

 

ストーリー

 ニール・アームストロング、宇宙開発競争に振り回され疲弊。

 

 

感想

人類史上初めて月面に降り立った男ニール・アームストロングを題材にした映画。

アポロ計画や米ソ宇宙開発競争といった、彼に強く結びつく要素はあくまで、その時々の出来事のひとつとしてストーリーに付随するような作りでした。あくまでも背景といった感じ。

映画の最後の最後までケネディ大統領が出てこないレベルですからね。

 

人類史上初の偉業を成し遂げた男を題材にしているこの映画。

アメリカの偉大な功績のひとつである宇宙開発と月面着陸をアピールする要素がものすごく控えめなのが面白いです。今更宇宙開発でプロパガンダやったってしょうがないってのもあるかとは思いますが、こういうところに時代の流れみたいなのを感じられます。

f:id:desno:20191125011306j:plain

 

宇宙開発競争の中でアームストロング船長は次々に仲間を事故で失っていきます。

アームストロング船長本人がパイロットとして有能である事は間違いないですが、劇中では、まるで仲間が死んだから繰り上がって月面探査チームに選定されたかのように錯覚させられるような作りになっていたように思います。

 というかアームストロング船長からは、きっとそういう風に見えていたのかもしれません。

 

 

 

映画で描かれたニール・アームストロングの姿が、僕個人が持っていた彼に対する印象とは大きくかけ離れたものに思えました。それまでは典型的なヒーローって感じのイメージがあったんですよね。

でもこの映画はアームストロング船長の偉大な功績という方向よりも、その裏側(ノンフィクション物とは言えもちろん誇張脚色あると思います)にフォーカスした作りになっていた感じです。

 

アームストロング船長が月面に立った際に残した「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」という名言中の名言。

もちろん劇中でもセリフとして登場しますが、これがとても浮いているように感じました。

無理やり、求められている英雄という役割を演じているような違和感です。

 

この映画で描かれたアームストロング船長の一面は、とても人間的で悲壮感に溢れていて、彼が特別な人間でありながら身近に感じられるような、そういう不思議な雰囲気を纏っているように思います。ある種の親近感に近いです。

英雄性を求められ、それに答えつつも本質的にはそんな部分はモチベーションにはなってなかったらしい事が、映画を観ているとなんとなく分かりますしね。

だからあの名言が浮いてるように感じるのかと思いました。

f:id:desno:20191125011659p:plain

亡くなった娘を含む家族で過ごした時間と情景が、静かな月面に交差するシーンは本当に泣きそうになります。

 

 

 

 月面着陸に成功し、無事に地球に帰還したアームストロング船長達アポロ11号のクルー。

世界中がこの出来事に湧く中で、アームストロング船長と彼の妻が静かに面会するシーンがラストカットでした。二人共とても静かなんですよね。

まるで徹夜で仕事を終わらせた後みたいな疲労感が漂っています。

f:id:desno:20191125005956j:plain

宇宙開発競争に振り回された家族の再会シーン。きっとリアルでも本当はこういう雰囲気だったんじゃないかと思います。

面会室には各国の新聞や子供達からの絵葉書なんかがあり、世界中がその功績、英雄の帰還に湧いている事が分かります。

一方でアームストロング船長にとって、それは重りでしかないのかもしれないと改めて考えさせられます。

面白い映画です。

 

 

 

 

個人評価:★★★☆☆

 

米ソ宇宙開発競争の中で成し遂げられたアメリカの月面着陸成功という偉大さや、アームストロング船長の功績と言った部分、アメリカの作る大作映画ならまず全力でアピールしてきそうなそれらの要素をあえて脇に置き、アームストロング船長という人物の心そのものにフォーカスした映画でした。

意外すぎる。そして予告が絶妙に詐欺してる。

 

無名のヒーローを描く作品の逆パターンみたいな感じですよねこれ。

国の英雄だって人間なんだぜ的な。ちょっとそれだとズレてるのかもしれませんが。

こういう映画もっと増えていいと思います。

 ファーストマンはアマゾンプライム他、下記の配信サービスでも視聴する事ができます。

 

 

 

ではまた。

ファースト・マン(吹替版)

ファースト・マン(吹替版)

 
ファースト・マン (字幕版)

ファースト・マン (字幕版)