趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。


映画評論・レビューランキング

オーロラの彼方へ(2000年/アメリカ) バレあり感想 過去が変わるとリアルタイムで未来も変わる性質を応用して、パズルゲーム的に連続殺人犯を追い詰める親子の物語。

 

名作SF映画シリーズ。

 

 

オーロラの彼方へ

(FREQUENCY)

オーロラの彼方へ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

オーロラの彼方へ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

 

 

 

以下、ネタバレを含む感想記事です。

 

 

ストーリー

30年間の時を超え無線で繋がった親子が、過去を変えれば現在がリアルタイムで変化するシステムを応用する事で様々な運命を破壊する。

 

 

感想

 

20世紀末から21世紀の頭辺りまでに一度SF映画界隈が本気を出していたのであろう時期があります。

97年に『コンタクト』、99年に『マトリックス』、そして04年に『バタフライ・エフェクト』など、超ド級の化け物が次々に産み落とされます。

コンタクト (字幕版)

コンタクト (字幕版)

 
マトリックス (字幕版)
 

 

当時まだ僕は子供で映画にそこまで興味ありませんでしたが、それでもこれらの作品が世紀末から新世紀にかけてSF映画界隈を蹂躙していくような印象は受けていました。

これらの作品は過去のSF作品からの影響を感じさせつつも先鋭的で、SFというあまりにも漠然としている謎のカテゴリ内で、今現在も異彩を放っています。

 

高度な知識が必要とされてそう(で実は意外とガバガバだったりもする)な設定やキーワードの数々、

明らかに置いてけぼりしようと意図している超現象の発動、

どこからか醸し出される難解な雰囲気など、最近のSF映画にも通じる部分が多くあります。

 

そんな流れの中にこの『オーロラの彼方へ』という映画も含まれています。

この映画も間違いなく名作なのですが、難解さやトリッキーな設定を備えていた上記の三作品に挟まれた状態("オーロラの彼方へ"は00年に公開された映画です)を意識すると、

小難しそうなタイムパラドックス物の癖に、めちゃくちゃ分かりやすい作りになっていてそれが個性的に感じるという、皮肉めいた面白さを発見できたりします。

一応、量子力学云々やオーロラの発生が過去と未来を繋いでいるんじゃないか的な作中考察なんかが登場しますが、過去と未来の人間が無線機で話せる原理は最後まで明言されません。

f:id:desno:20190925180212j:plain

オーロラによって磁場と時空がバグった的な事みたいです。小難しい事は置いといて綺麗なオーロラ眺めようぜ。

劇中でフランクとジョンの親子も、なぜ過去と未来が繋がったのか分からないが故に、いつ無線が通じなくなるのか予測できず不安がっていました。

SF映画の御家芸で十八番で魅力である、それっぽい科学設定で説得力とリアリティを演出する、みたいな事をしないんですよねこの映画。分かんねえもんは分かんねえんだよ!ってスタンス。

注目してほしいのは設定面では無いよ、という意図があるのかも。

 

 

 

 

この映画はタイムパラドックスを題材にした作品で、凄く簡単に言えば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』形式です。

 

別の時間軸の変化がリアルタイムで反映される系です。

 人が直接時間旅行をするわけでは無く、ラジオを通して過去と未来の人間がやり取りをしてタイムパラドックスを起こすという設定を上手く活かしていると思いました。

面白いのが時空を超えた無線通信と、別の時間軸での変化がリアルタイムで反映される性質をそれぞれ応用して、看護師連続殺人事件の真相に迫っていくという中盤からの流れです。

 

例えば過去のフランクが犯人の指紋のついた財布を、30年間誰にも見つからないところに隠し無線で場所を指定します。

未来のジョンは無線を聞いて財布を即時回収する事が出来ます。

その指紋を調べる事で、実時間で30年も謎に包まれていた犯人を直ぐに割り出す事ができました。

 

この映画のクライマックスの展開も同じように、無線とリアルタイム変化を絡めたものになっていました。

真犯人にギリギリ追い詰められ死ぬ一歩前のジョンの元へ、30年間しっかり生きたという事に改変されたフランクが助けに来て真犯人を仕留めます。

f:id:desno:20190925182819p:plain

過去の自分の手を吹き飛ばされた事でリアルタイムで腕が無くなる様を眺めるジャック。

ここに感じる面白さってパズルゲームとかに近い気がします。

ICO』的な。

 

 

 

 

個人的に一番面白いと思ったのは中盤で無線が通じなくなる原因そのものです。

過去のフランクと未来のジョンがいずれ一度は通信できなくなるだろうなと予想はしていました。

散々「いつ無線が通じなくなるか分からないぞ……」ってアピールしてきますし。

都度挟まれるオーロラのカットインも、そう言われるといつ消えてもおかしくなさそうな儚い雰囲気を出しているように思えますし。

そうじゃないにしても、周波数的な部分で通信できなくなるかも……みたいな事も予想していました。

それが、まさか物理的に無線機が破壊されることで通信不能になるとは思いませんでした。

f:id:desno:20190925184527j:plain

確かに無線機そのものが壊れる展開なら、誰が見ても「もう通信できないなこれ」って理解できますもんね。

 

 

 

 

個人評価:★★★☆☆

 

過去の時間軸の変化がリアルタイムで未来を変えるというシステムを、深くギミックに組み込んでいてとても個性的な映画だと思います。

名作SF映画として名前があがる作品の多くは、それなりに難解な要素が強いものが多いんですが、この映画に関して言えばそんな事は全く無いのでオススメしやすそうなイメージ。

 

ではまた。

オーロラの彼方へ [DVD]

オーロラの彼方へ [DVD]

 
オーロラの彼方へ [DVD]

オーロラの彼方へ [DVD]