趣味と向き合う日々

映画やドラマなどの映像作品を中心に気ままに書いています。


映画評論・レビューランキング

ザ・ファブル(2019年/日本) バレあり感想 漫画原作の漫画的な作風のアクション映画だからこその面白さが随所に散りばめられていて楽しい映画。

 

殺し屋VS殺し屋のシーンの突然異次元の戦いが始まった感好き。

 

 

 

『ザ・ファブル』

【映画パンフレット】 ザ ファブル THE FABLE

【映画パンフレット】 ザ ファブル THE FABLE

youtu.be

 

ネタバレも有りうる感想記事です。

 

 

 

ストーリー

 

一年間だけ殺しを禁じられた天才殺し屋が日常に溶け込もうとするが目を付けられる。

 

 

 

感想

 

向井理のハングリーな感じの悪人演技がめっちゃハマってましたね。

柳楽優弥のちょっとアホっぽいけど徹底的に悪人のチンピラ感も凄かったですし。

言わずもがな岡田准一は安定して良い演技でした。

 

 

 

予告などでも若干察せますが、この映画は二つのストーリーで形成されていました。

 

前半は殺しを禁じられ普通の生き方をしようと務める伝説の殺し屋ファブルこと佐藤が、カタギの方々との交流を通じて云々という流れでかねがね予告通りです。

後半になると、殺しを禁じられている状態で、敵に捕らわれたヒロインのミサキを救い出すために奮闘する佐藤の姿を描くのがメインって感じです。

 

これが中々良くて、ともすれば感動ポルノまがいの路線にも進められる前半の日常編をあまりメインに持ってこないで、あくまで後半の殺しを禁じられた状態での戦闘シーンに添える要素の一つにしているところが個人的に凄く好きな点でした。

ちゃんとアクションが見どころになってますし。

 

 

 

一方で、こういう設定らしく笑いどころも多数ありました。

例えばミサキを救いに現れた際に、怯えるミサキをなんとか落ち着かせるために佐藤がハマっているお笑い芸人のギャグを突然かましてみたり、

ファブルと対面して一挙手一投足に警戒せざるを得ない下っ端の怖いお兄さんたちが、ファブルに銃口を向けられただけで皆一斉におどおどひるみ始めたり、

緊張感のあるシーンとそこに放り込むコミカルな笑いのバランスも好きです。

 

リアル指向なシーン、例えば拳銃のメンテナンスや銃弾製造のプロセスなんかが描かれる一方で、現実的では無い漫画原作らしい人の反応や挙動も上手く馴染んでいましたし、

エンタメ感がとてもある映画でした。

 

なんかこう、いかにもな最近の大作映画っぽい雰囲気と作りなんですよね。

良い意味で、ですよ。

そこが僕みたいなハリウッド映画ばかり見ている層にはとてもマッチすると思いますし、普段あまり邦画は見ないよっていう人でも楽しめる映画だと思いました。

 

 

 

 

個人評価:★★★☆☆

 

 

妹役を任されたヨウコの立ち位置が終始謎だった点だけちょっと気になりました。

 

 

悪いお兄さんたちが己の為に他者を蹴落としあう中で、殺しばかりやっていたファブルが純粋な人間として描かれているのも面白い点です。

殺しのプロだから殺すという、不気味で一番危ないタイプの人間が佐藤ですし。

 

とても楽しめました。

 

ではまた。